« 「劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇」 | メイン | 再開「グレパラ」第7弾! »

コメント

池袋と吉祥寺と舞台挨拶見てきました!
キャスト、スタッフの方々の熱意が伝わってきました!
映画の内容もすごく熱くて楽しみに待ってて本当によかったです(´∀`)
また何度も見に行きます!

吉祥寺の1回目の舞台挨拶の会に参加しました。ほぼ地元なので5時には現場に到着していましたが、その段階で150~200名ぐらいは並んでいたでしょうか。
映画、次々と予想を裏切られて「こう来たか!」と嬉しい誤算でした。「螺巌編」がどうなることやら、今から楽しみです。
舞台挨拶は皆さん、本当にどのシーンを選んでよいやらで悩まれていましたね。小西さんがおっしゃっていた細やかな音響演出を聞きとるため、必ず最低限もう一度は「紅蓮編」を見に行きます。

本日映画観てきました!
新作カット満載でとても楽しかったです^^
9歳の息子も「もぅ一度観たい♪」と言っていましたので、再来週にでも観に行くつもりです。
来年のGWが待ちきれませんーーー。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

池袋に行きました。
冒頭1000年前の物語のアバンと云い、ただでさえ捨て回のないTVシリーズの14話までをカバーする編集は脱帽ものでした。 つまり螺巌編はのっけからアレが来るのかと思うとぞくぞくしますね。 まだ2部作完結とはアナウンスされていないのでさらにもう1つあるかもしれないと気を揉んでいます。
新録の芝居は超早口など演劇的な面白さを出していました。 ただ、ファンサービスにのめりこみすぎたか、セリフも演技もちょっと羽目を外しすぎかなとも感じました。 もっと初めて見るように見させてほしいなと思います。
アディーネのチミルフへの感情はセリフで処理しただけで伝わりにくかったです。 なんかエロ気はたっぷりなのに色気がなくって、せっかくのキャットファイトもあんまり丁寧じゃないなと。 その分シュザックに取りつくシモンはきっちり描写されててさすが主役でした。
TVではほとんどモブ扱いだった大グレン団がしっかり活躍しててやっと24話につながったのはうれしいシーンでした。
ともあれ、あと半年。 今度は一体どんな見たことのないグレンラガンが立ち現れるのか期待せずにはいられないのです。

この記事へのコメントは終了しました。